聖書と歴史の学習館

エジプトにもたらされた
十の災い・十災禍ten calamities

01/03

十の災い・十災禍とは

紀元前15世紀頃、神の選民であるイスラエル民族(ヘブライ民族)は、エジプトで奴隷として苦役を受けていました。 神との約束と苦役期間である400年が満たされたとき、民族を奴隷から解放し、エジプトから導き出す使命を持った人物モーセが現れます。モーセはファラオに民族の解放を要求しますが、ファラオは認めませんせん。それどころか、労役をますます過酷にしました。

そこで、神はモーセやアロン(※)を通じて、災い(天災や災害など)をエジプトに下し、ファラオを懲らしめ、屈服させ、民族を解放するよう摂理されました。

エジプトに災いがもたらされるたびに、ファラオは災いを止めることと引き換えに、民族の解放をモーセに約束します。しかし、モーセたちが災いをおさめると、ファラオは心を頑な(かたくな)にして、約束を守ることはありませんでした。

そして、10番目の「エジプトの長子を皆殺しする災い」により、ついにファラオは屈服し、イスラエル民族を奴隷から解放することを認めました。このエジプトにもたらされた一連の災いを「十の災い(十災禍)」と呼んでいます。

※アロン…モーセの兄。モーセは3人兄弟(姉弟)の末っ子。ミリアム(長女)- アロン(長男)- モーセ(次男)。ちなみに、父はアムラム、母はヨケベド。

02/03

十災禍一覧

聖書に記録されている「十の災い(十災禍)」は次のとおりです。なお、第4の「アブの災い」以降は、エジプト人とイスラエル人が区別され、エジプト人だけに災いが下るようになります。

  1. 血の災い
    ナイル川の水が血に変わり、魚が死に絶え、水が飲めなくなった。
  2. 蛙の災い
    ナイル川から蛙が次々と這い上がり、エジプトの地面を埋め尽くした。
  3. ブヨの災い
    ブヨが大量発生し、人々や家畜が襲われた。
  4. アブの災い
    アブの大群が押し寄せ、エジプト人を襲った。
  5. 疾病の災い
    伝染病が発生し、エジプト人の家畜が次々と倒れた。
  6. 腫れ物の災い
    すすがエジプト人とその家畜に付き、膿の出る腫れ物になった。
  7. 雹の災い
    稲妻と雷がとどろき、激しい雹が降り、畑の作物が枯れた。
  8. イナゴの災い
    イナゴが大量発生し、エジプト全土を覆い、作物を荒らした。
  9. 暗闇の災い
    エジプト全土が3日間、真っ暗闇になった。
  10. 長子皆殺しの災い
    エジプト人のすべての長子が怪死した。
03/03

アロンの杖がへびに

アロンの杖がへびになった奇跡は、「十の災い」には含まれませんが、ファラオを屈服させるために、神がエジプトを打った一連の奇跡の中の最初の一つです。

神の命令のとおりに、モーセの指示でアロンがその手に持っていた杖をエジプトの王ファラオの前に投げたとき、それが蛇(へび)になりました。これを見たファラオは、王室の魔術師を召し寄せて、モーセたちに対抗することを命じます。魔術師が杖を投げたところ、同じように蛇となりました。ところが、アロンの蛇はファラオの魔術師の蛇を飲み込んでしまいました。

この魔術争いは、モーセとアロンがファラオに勝利したことになりますが、ファラオはかたくなになり、イスラエル民族の解放をますます拒むようになりました。

Reading the Bible ▼
Old Testament

主はモーセとアロンに言われた。「もし、ファラオがあなたたちに向かって、『奇跡を行ってみよ』と求めるならば、あなたはアロンに、『杖を取って、ファラオの前に投げよ』と言うと、杖は蛇になる。」
モーセとアロンはファラオのもとに行き、主の命じられたとおりに行った。アロンが自分の杖をファラオとその家臣たちの前に投げると、杖は蛇になった。
そこでファラオも賢者や呪術師を召し出した。エジプトの魔術師もまた、秘術を用いて同じことを行った。それぞれ自分の杖を投げると、蛇になったが、アロンの杖は彼らの杖をのみ込んだ。しかし、ファラオの心はかたくなになり、彼らの言うことを聞かなかった。主が仰せになったとおりである。

出エジプト記 7章8節~13節
©日本聖書教会/旧約聖書