リベカ イサクの妻 ヤコブの母 僕のエリエゼル

 トップページ旧約の時代 → ヤコブの路程 → イサクの妻リベカ
こちらの記事は「次の記事」に続きます
 

リベカの嫁入り

リベカ

リベカはイサクの妻で、とっても美しい女性だったと言われています。アブラハムの兄弟の孫娘にあたり、ラバン(※)の妹です。イサクが40歳のとき結婚。やがてリベカは双子の兄弟エサウとヤコブを産みます。

※後に、リベカとイサクの息子であるヤコブが、約20年間ラバンのもとで働き続けることになります。

後年、父親のイサクがエサウに長子の祝福を与えようとしたとき、リベカは、(本来、エサウが受けるべき)祝福がヤコブに与えられるよう取り計らいました。リベカは、美しさとともに強かな一面も持ち合わせていたようです。

リベカとエリエゼル/バルトロメ・エステバン・ムリーリョ<br />Rebecca und Eliezer Bartolomé Esteban Murillo 1652<br />

リベカとエリエゼル/バルトロメ・エステバン・ムリーリョ
Rebecca und Eliezer Bartolomé Esteban Murillo 1652


イサクの嫁探し

アブラハムは神ヤハウェが約束した土地カナン(パレスチナ)に長らく定住し、140歳(※1)の老人となっていました。息子のイサクは、40歳になりましたが、まだ結婚していませんでした。そこで父アブラハムは、故郷ナホルの町(※2)の親戚からイサクの花嫁を探すため、僕(しもべ)エリエゼルを送ることにしました。そして、エリエゼルはラクダ10頭と「高価な贈り物」を携え、旅立ちました。

※1:アブラハムは100歳でイサクを生み、イサクは40歳でリベカと結婚したと記録されていることから計算。

※2:アラム・ナハライムのナホルの町(ユーフラテス川とチグリス川にはさまれたハラン地方)。カナンとナホルの町は、およそ800km離れています。

なお、アブラハムは、イサクの嫁を次のような条件で探すように、僕のエリエゼルに命令し、誓わせました。とても重要な条件であったようです。

  • カナン人でないこと
    (異神を崇拝していたため)
  • 故郷ナホルの町の住人(親戚)であること
    (ヘブライ人の血統を持つこと)
  • カナンに連れてくること
    (神との約束の地カナンに定住すること)

アブラハムは多くの日を重ね老人になり、ヤハウェはすべてにおいてアブラハムに祝福をお与えになっていた。アブラハムは家の長老として彼の全財産を任せている僕に言った。「手をわたしの腿(もも)の間に入れ、天の神、地の神であるヤハウェにかけて誓いなさい。あなたはわたしの息子の嫁をわたしが今住んでいるカナンの娘たちの中から迎えるのではなく、わたしの親族のいる故郷へ行って、嫁を息子イサクのために連れて来るように。」

新約聖書/創世記24章1節~4節

アブラハムが僕に、あくまでも嫁をカナンに「連れてくる」ようにと念を押しました。息子イサクは、神ヤハウェが約束してくださったカナンの地を受け継ぎ、子孫を星の数ほど増やし、大いに繁栄させるべきであったからです。

また、カナンの娘の中から嫁を迎えることができない理由としては、カナン人は自然神を崇拝しており、偶像崇拝(※)を行う風習が根強くあったこと、ヘブライ人の血統を薄めてはいけないことなどが挙げられます。

※自然神の崇拝・偶像崇拝…ヘブライ人の神はあくまでもヤハウェであり、他の神を崇拝することは、ヤハウェを裏切ることになるため、決して許されるものではありませんでした。なお、アブラハムの子孫は大いに繁栄し、イスラエルを建国します。しかし、イスラエルは衰退と滅亡を繰り返します。この原因について、旧約聖書の預言者たちは皆、イスラエル民族がヤハウェ信仰を棄てて、バアル崇拝にうつつを抜かした結果であると断罪しています。→ イスラエルに蔓延る偶像崇拝

僕は(アブラハムに)尋ねた。「もしかすると、その娘がわたしに従ってこの土地へ来たくないと言うかもしれません。その場合には、御子息をあなたの故郷にお連れしてよいでしょうか。」アブラハムは答えた。「決して、息子をあちらへ行かせてはならない。天の神ヤハウェは、わたしを父の家、生まれ故郷から連れ出し、『あなたの子孫にこの土地を与える』と言って、わたしに誓い、約束してくださった。その方がお前の行く手に御使いを遣わして、そこから息子に嫁を連れて来ることができるようにしてくださる。もし女がお前に従ってこちらへ来たくないと言うならば、お前は、わたしに対するこの誓いを解かれる。ただわたしの息子をあちらへ行かせることだけはしてはならない。」

新約聖書/創世記24章5節~8節


エリエゼルがリベカに出会う

エリエゼルがアブラハムの故郷であるアラム・ナハライムのナホルの町まで来ると、ラクダを井戸のそばで休ませました。夕方、そこへ水を汲みにくる娘たちを待つためです。そして、エリエゼルは井戸の傍らで神に祈りました。

「わが主人アブラハムの神ヤハウェよ。どうか、今日、わたしを(お定めの女性に)出会わせ、主人アブラハムに慈愛を施してください。わたしは今、御覧のように、泉の傍らに立っています。この町に住む人の娘たちが水をくみに来たとき、その一人に、『どうか、水がめを傾けて、飲ませてください』と頼んでみます。その娘が、『どうぞ、お飲みください。らくだにも飲ませてあげましょう』と答えれば、彼女こそ、あなたがあなたの僕イサクの嫁としてお決めになったものとさせてください。そのことによってわたしは、あなたが主人に慈愛を施されたことを知るでしょう。」

新約聖書/創世記24章12節前略~14節

祈りが終わらないうちに、リベカが水がめを肩に乗せてやってきました。井戸にやって来たリベカは、エリエゼルの祈ったとおりの言動をしました。

僕は駆け寄り、彼女に向かい合って語りかけた。「水がめの水を少し飲ませてください。」すると彼女は、「どうぞ、お飲みください」と答え、すぐに水がめを下ろして手に抱え、彼に飲ませた。彼が飲み終わると、彼女は、「らくだにも水をくんで来て、たっぷり飲ませてあげましょう」と言いながら、すぐにかめの水を水槽に空け、また水をくみに井戸に走って行った。こうして、彼女はすべてのらくだに水をくんでやった。

新約聖書/創世記24章17節~20節(日本聖書協会/新共同訳)


リベカの同意

エリエゼルは、高価な装飾品(※)をその場でリベカに贈りました。

Eliezer and Rebecca エリエゼルとリベカ<br />Giambattista Pittoni (18th century)<br />ボルドー美術館/フランス

Eliezer and Rebecca エリエゼルとリベカ
Giambattista Pittoni (18th century)
ボルドー美術館/フランス

らくだが(水を)飲み終えたとき、その人(エリエゼル)は、重さ半シェケルの金の鼻輪と、重さ二シェケル金の腕輪を二つを取り出し、彼女の手に(差し出した)。

新約聖書/創世記24章22節

※金の鼻輪と美しい金の腕輪二つ=現代の価格にして約1,350ドル相当と言われています。

リベカは、家族のもとに走っていき、金の装飾品を家族(母と兄のラバン)に見せながら、今あったことを話ました。それを聞いたラバンは、井戸(泉)のまで走りました。そして、エリエゼルたちを自宅に招待しました。

食事の前に、エリエゼルはリベカの家族に、自分がやって来た目的、そして井戸の前で神に導かれるようにリベカと出会ったことなどを説明しました。そして、アブラハムからの贈り物(※)を差し出しました。

※金銀の装身具や衣装などの高価な品物

リベカの父ベトエルは、一部始終を聞いて、次のように言います。

すべては神ヤハウェの知恵から出たこと。私たちが良し悪しを言うべきことではありません。リベカはここにいます。どうぞヤハウェがお決めになったとおり、アブラハムの家のイサクの嫁になさってください。

新約聖書/創世記24章50節~51節を意訳

さらに、リベカもイサクとの結婚に同意し、家族はリベカをイサクのもとへと送り出しました。

リベカの兄と母は、「娘をもうしばらく、十日ほど、わたしたちの手もとに置いて、それから行かせるようにしたいのです」と頼んだ。しかし僕は言った。「わたしを、お引き止めにならないでください。この旅の目的をかなえさせてくださったのはヤハウェなのですから。わたしを帰らせてください。主人のところへ参ります。」「娘を呼んで、その口から聞いてみましょう」と彼らは言い、リベカを呼んで、「お前はこの人と一緒に行きますか」と尋ねた。「はい、参ります」と彼女は答えた。
彼らは妹であるリベカと彼女の乳母、アブラハムの僕とその従者たちを一緒に出立させることにし、リベカを祝福して言った。
「わたしたちの妹よ、あなたが幾千万の民となるように。あなたの子孫が敵の門を勝ち取るように。」
リベカは、侍女たちと共に立ち上がり、らくだに乗り、その人の後ろに従った。僕はリベカを連れて行った。

新約聖書/創世記24章55節~61節

※リベカが、イサクと面識がないまま結婚を承諾したのは、彼が名の知られた裕福な家の出だと知っていたからと言われています。


イサクとリベカとの出会い

イサクとリベカの出会い<br /><br />

イサクとリベカの出会い

その後、エリエゼル一行は、リベカを連れて、イサクのもとへ向かいます。一方、イサクは、夕暮れに、野原を散歩しながら物思いにふけっていました。ふと目を上げると、らくだの一行が来るのが見えたので、イサクは近づいていきました。リベカも彼に気づき、すぐにらくだから降りました。そして、彼が花婿であるイサクであることを知ると、急いでベールをかぶりました。(※)

エリエゼルは神ヤハウェに導かれながら、任務に成功したことをイサクに話しました。イサクはリベカを自分の母親の天幕に連れて入り、彼女を妻にしました。

そして、イサクはリベカをこよなく愛しました。そして、3年前に亡くなった母に代わる慰めを彼女から得ました。

※リベカがベールをかぶったのは、当時の若い娘の嫁入り作法にしたがったためと言われています。

イサクはネゲブ地方に住んでいた。そのころ、ベエル・ラハイ・ロイから帰ったところであった。夕方暗くなるころ、野原を散策していた。目を上げて眺めると、らくだがやって来るのが見えた。リベカも目を上げて眺め、イサクを見た。リベカはらくだから下り、「野原を歩いて、わたしたちを迎えに来るあの人は誰ですか」と僕に尋ねた。「あの方がわたしの主人です」と僕が答えると、リベカはベールを取り出してかぶった。僕は、自分が成し遂げたことをすべてイサクに報告した。イサクは、母サラの天幕に彼女を案内した。彼はリベカを迎えて妻とした。イサクは、リベカを愛して、亡くなった母に代わる慰めを得た。

新約聖書/創世記24章62節~67節
日本聖書協会 新共同訳

ユダヤの花嫁(イサクとリベカ)<br />レンブラント・ファン・レイン(1665 - 1669年製作)<br />アムステルダム国立美術館(オランダ)

ユダヤの花嫁(イサクとリベカ)
レンブラント・ファン・レイン(1665 - 1669年製作)
アムステルダム国立美術館(オランダ)



〔参考・引用〕
日本聖書教会「旧約聖書(新共同訳/口語訳)」/新日本聖書刊行会「新改訳聖書第三版」/岩波書店「旧約聖書/創世記」/創元社「聖書人物記」/日本文芸社「人物でよくわかる聖書(森実与子著)」/株式会社カンゼン「聖書の人々」/wikipedia/webio「世界宗教用語大事典」/ものみの塔 洞察第2巻「リベカ」/河出書房新社「図説 聖書物語 旧約篇」/biblica/wikipedia