ヤコブ 天使と格闘

 トップページ旧約の時代 → ヤコブの路程 → 天使と格闘
こちらの記事は「前の記事からの続き」です
 

天使と格闘するヤコブ

天使と格闘して勝利

ラバンと和解して別れたヤコブは、カナンへ向かいます。ヤボク川の渡しを渡るときのこと、家族たちに川を渡らせた後、ヤコブー人が残って野営をすることになりました。

すると、闇のなか、何者かが物凄い力でヤコブにつかみかかり、激しく争い、格闘となりました。

Jacob Wrestling with the Angel/天使と格闘するヤコブ<br />1876 Léon Joseph Florentin Bonnat/レオン・ボナ

Jacob Wrestling with the Angel/天使と格闘するヤコブ
1876 Léon Joseph Florentin Bonnat/レオン・ボナ

何者かは、勝てないとみると、ヤコブの腿(もも)の関節を激しく打ったため、腿のつがいがはずれてしまいました。

それでもヤコブは「祝福してくださるまでは離しません」と力をゆるめません。

すると相手は「以後、イスラエル(※)と名乗るがよい。おまえは神と人と闘って勝ったからだ」といい、彼を祝福しました。

※イスラエルには「神が支配する人/神が守る人/神の戦士」という意味があります。ちなみに「ヤコブ」という名には「かかと/押しのける」という意味があります。

こうしてヤコブに、はじめて民族の名「イスラエル」が与えられ、12部族の始祖となりました。ヤコブは格闘して勝利した場所を、ペヌエル(神の顔)と名付けました。

その夜、ヤコブは起きて、二人の妻と二人の側女、それに十一人の子供を連れてヤボクの渡しを渡った。皆を導いて川を渡らせ、持ち物も渡してしまうと、ヤコブは独り後に残った。
そのとき、何者かが夜明けまでヤコブと格闘した。ところが、その人はヤコブに勝てないとみて、ヤコブの腿の関節を打ったので、格闘をしているうちに腿の関節がはずれた。
「もう去らせてくれ。夜が明けてしまうから」とその人は言ったが、ヤコブは答えた。「いいえ、祝福してくださるまでは離しません。」「お前の名は何というのか」とその人が尋ね、「ヤコブです」と答えると、その人は言った。「お前の名はもうヤコブではなく、これからはイスラエルと呼ばれる。お前は神と人と闘って勝ったからだ。」
「どうか、あなたのお名前を教えてください」とヤコブが尋ねると、「どうして、わたしの名を尋ねるのか」と言って、ヤコブをその場で祝福した。
ヤコブは、「わたしは顔と顔とを合わせて神を見たのに、なお生きている」と言って、その場所をペヌエル(神の顔)と名付けた。

旧約聖書/創世記32章23節~31節
©日本聖書協会/旧約聖書 新共同訳

ヤコブが天使と格闘し、勝利したとされている場所

ヤコブが天使と格闘し、勝利したとされている場所

Jabbok River/ヤボク川<br />ヨルダン川の支流、現在はザルカ川と呼ばれる

Jabbok River/ヤボク川
ヨルダン川の支流、現在はザルカ川と呼ばれる



〔参考・引用〕
日本聖書教会「旧約聖書(新共同訳/口語訳)」/新日本聖書刊行会「新改訳聖書第三版」/創元社「聖書人物記」/日本文芸社「人物でよくわかる聖書(森実与子著)」/株式会社カンゼン「聖書の人々」/wikipedia/webio「世界宗教用語大事典」/WIKIMEDIA COMMONS