ヤコブが見た夢 天使の梯子 ヤコブの梯子 ベテル 神の家

 トップページ旧約の時代 → ヤコブの路程 → ヤコブが見た夢
こちらの記事は「前の記事からの続き」です
 

ヤコブが見た夢/天使の梯子(はしご)

ヤコブの夢/天使の梯子

ヤコブはエソウの怒りが収まるまで、母リベカの実家に非難することになりました。言わば「冷却期間」を置くことになったのです。リベカの実家は、ハラン(※1)にあり、リベカの兄ラバン(=ヤコブの叔父)が住んでいます。

ヤコブの住んでいたカナン(ベエル・シェバ)からハランまでの距離は約750km(※2)。一人歩きの長く辛い旅になります。

※1:ハランは、ヤコブの祖父アブラハムの故郷であり、ヤコブの母リベカの故郷でもあります。つまり、アブラハムは神に導かれてカナンの地に定住していましたが、孫のヤコブは祖先の地へ逆戻りすることになったのです。

※1:ハラン(ハッラーン)は、メソポタミアの北部の都市。聖書の中では、「アラム・ナハライム」、「パダン・アラム」という地名も登場しますが、これらは、いずれも「メソポタミア(ギリシア語)」のヘブライ語に相当します。

※2:750kmは概ね東京から山口(中国地方)までの直線距離です。

カナンからハランへ

ヤコブがハランへ向かう途中「ルズ」の町で不思議な夢を見た
その地をベテル(神の家)と名付けた

ヤコブがハランへ向かう途中のルズという町に着いたとき、日が暮れたので、石を枕にして野宿することにしました。その晩、ヤコブは不思議な夢を見ます。天に届くほど高い階段があり、天使が上り下りしているのです。そして、側には神がおられ、「あなたが今横たわっているこの土地を、あなたとその子孫に与え、あなたを守ろう」と言われ、ヤコブに祝福を与えたのです。

これは、「ヤコブの夢」、「ヤコブの梯子」、「天使の梯子」などと呼ばれています。

ヤコブの夢 ウィリアム・ブレイク(1805年製作)<br />大英博物館(イギリス/ロンドン)

ヤコブの夢 ウィリアム・ブレイク(1805年製作)
大英博物館(イギリス/ロンドン)

ヤコブはベエル・シェバを立ってハランへ向かった。ある場所に着いたとき、ちょうど日が沈んだので、そこで一夜を過ごすことにした。ヤコブはその場所にあった石を一つ取って枕にして、その場所に横たわった。そのうちに、彼は夢を見た。見ると、一つの梯子が地に向かって立てられ、梯子の先は天に届いていた。しかも、神の御使いたちがそれを上り下りしていた。

旧約聖書/創世記28章10節~12節

さらに、ヤハウェが彼の傍らに立っていた。ヤハウェは言った「わたしは、あなたの父祖アブラハムの神、イサクの神、ヤハウェである。あなたがいま身を横たえているこの地を、あなたとあなたの子孫に与えよう。あなたの子孫は大地の砂粒のように多くなろう。あなたの子孫は西へ、東へ、北へ、南へと広がっていくであろう。そして、大地のあらゆる民族は、あなたとあなたの子孫によって祝福される。見よ、わたしはあなたと共にいる。あなたがどこへ行っても、わたしはあなたを守り、必ずこの土地に連れ戻そう。わたしは、あなたに約束したことを果たすまで決して見捨てない。」

旧約聖書/創世記28章13節~15節

目覚めたヤコブは、聖なる神に出会った驚きと恐怖にうち震えました。そして、ここは神の家だと悟り、枕に使った石を記念碑として立て、誓いを立てました。ヤコブは、その場所をベテル(神の家)と名付けました。

こうして神と出会い、神の存在を身近に知ったヤコブは新たな出発をしました。

ヤコブは眠りから覚めた。彼は言った「ああ、なんと、この場所にヤハウェがおられたとは。わたしは何も知らずにいた。」そして、恐れおののいて言った。「ここは、なんと畏れ多い場所だろう。ここは、まさしく神の家である。そうだ、ここは天の門だ。」
翌朝、ヤコブは朝早く起きて、枕にしていた石を取り、それを記念碑として立て、先端に油を注ぎかけた。彼はこの場所をベテル(神の家)と名付けた。ちなみに、この町の名はかつてルズと呼ばれていた。
ヤコブはまた、誓願を立てて言った。「神がわたしと共におられ、進む旅路において私を守り、食べ物、着る物を与えて下さるなら、そして私が無事に父の家に戻ることができるなら、ヤハウェこそがわたしの神となり、わたしが記念碑として立てたこの石を神の家とします。あなたがわたしに与えられるものはすべて、十分の一をあなたにささげます。」

旧約聖書/創世記28章16節~22節



〔参考・引用〕
日本聖書教会「旧約聖書(新共同訳/口語訳)」/新日本聖書刊行会「新改訳聖書第三版」/岩波書店「旧約聖書I 創世記」
GoogleMap/wikipedia