ヤコブが長子の権利と長子の祝福を奪う

 トップページ旧約の時代 → ヤコブの路程 → 長子の権利と祝福を奪う
こちらの記事は「前の記事からの続き」です
 

長子の権利と祝福を奪う

次子ヤコブが「長子の権利」を奪う

イサクとリベカの双子は、すくすくと成長し、兄のエサウは野山を駆け回る狩人となり、ヤコブは、天幕の周りの畑を耕す穏やかな人となりました。

イサクは、エサウのとってくる獲物の肉を好み、気性の荒いエサウをより愛するようになりました。一方、母リベカは、天幕で気立てのやさしいヤコブと過ごす時間が多かったこともあり、ヤコブをより愛するようになりました。

Esau and Jacob were twin brothers<br />双子の兄弟 エサウとヤコブ

Esau and Jacob were twin brothers
双子の兄弟 エサウとヤコブ

二人の子供は成長して、エサウは巧みな猟師、野の人となり、ヤコブは穏やかな人で天幕に住んでいた。
イサクはエサウを愛した。それは猟の獲物が好物だったからである。リベカはヤコブを愛した。

旧約聖書/創世記25章27節~28節

ある日、エサウが一日中狩りをして、天幕に戻ると、ヤコブが煮物をしているところでした。エソウは疲れきっており、ヤコブが料理している煮物を食べさせるように言います。すると、ヤコブは長子の権利を譲るように言います。疲れきって、空腹であったエサウは同意し、いとも簡単に長子の権利を次子イサクに譲ります。エサウは長子の権利を軽んじていたようです。

Esau sold his birthright for some stew<br />エサウは長子の権利を少しのシチューで売り渡した

Esau sold his birthright for some stew
エサウは長子の権利を少しのシチューで売り渡した

ある日のこと、ヤコブが煮物をしていると、エサウが疲れきって野原から帰って来た。エサウはヤコブに言った。「お願いだ、その赤いもの、そこの赤いものを食べさせてくれ。わたしは疲れきっているんだ。」~彼が名をエドムとも呼ばれたのはこのためである。
ヤコブは言った。「まず、お兄さんの長子の権利を譲ってください。」と言った。エサウは「ああ、もう死にそうだ。長子の権利など、今の私に何になろう」とエサウと言った。
それでヤコブは「では、今すぐ誓ってください。」と言ったので、エサウは誓い、長子の権利をヤコブに譲った。ヤコブはエサウにパンとレンズ豆の煮物を与えた。
エサウは食べたり、飲んだりして、立ち去って行った。こうしてエサウは、長子の権利を軽んじたのである。

旧約聖書/創世記25章29節~34節

※エドム…原語では「アドム(赤いもの)」

※長子の権利…父親の死後、一族の指導的立場(族長の権利)を継承し、他の子供の2倍の財産を相続できる権利。


次子ヤコブが「長子の祝福」を奪う

歳月が流れ、イサクは年老いて、神に召される日が近づいてきたことを悟ります。目もかすんでしまい、物の形の見分けがつかなくなっていました。イサクは、長子の祝福を与えるので、獲物を狩り、おいしい肉料理を食べさせて欲しいとエサウに頼みます。エサウはすぐさま狩りの道具を持って、意気揚々と野に飛び出します。

Bring me some food and l will bless you<br />獲物を狩り、肉料理を食べさせてくれ。おまえに長子の祝福を与える

Bring me some food and l will bless you
獲物を狩り、肉料理を食べさせてくれ。おまえに長子の祝福を与える

イサクは年をとり、目がかすんで見えなくなってきた。そこで上の息子のエサウを呼び寄せて、「息子よ」と言った。エサウが、「はい、ここに」と答えた。
イサクは言った。「見ての通り、わたしは、こんなに年をとったので、いつ死ぬか分からない。今すぐに、弓と矢筒など、狩りの道具を持って野に行き、獲物を取って来てくれ。そして、わたしの好きなおいしい料理を作り、ここへ持って来てほしい。死ぬ前にそれを食べて、わたし自らがお前に祝福を与えたい。」

旧約聖書/創世記27章1節~4節

ところが、リベカは、より愛する次子ヤコブに祝福を与えられるように直ちに手を打ちます。

Jacob and his mother plotted to trick Isaac<br />わたしが言うことをよく聞いてそのとおりにしなさい

Jacob and his mother plotted to trick Isaac
わたしが言うことをよく聞いてそのとおりにしなさい

わたしの子よ。今、わたしが言うことをよく聞いてそのとおりにしなさい。家畜の群れのところへ行って、よく肥えた子山羊を二匹取って来なさい。わたしが、それでお父さんの好きなおいしい料理を作りますから、それをお父さんのところへ持って行きなさい。お父さんは召し上がって、亡くなる前にお前を祝福してくださるでしょう。」
しかし、ヤコブは母リベカに言った。「でも、エサウ兄さんはとても毛深いのに、わたしの肌は滑らかです。お父さんがわたしに触れば、だましているのが分かります。そうしたら、わたしは祝福どころか、反対に呪いを受けてしまいます。」
母は言った。「わたしの子よ。そのときにはお母さんがその呪いを引き受けます。ただ、わたしの言うとおりに、行って取って来なさい。」ヤコブは取りに行き、母のところに持って来たので、母は父の好きなおいしい料理を作った。

旧約聖書/創世記27章8節~14節
©日本聖書協会/旧約聖書 新共同訳

リベカは、ヤコブに祝福用の晴れ着を着せ、両手に毛皮を巻いて毛深いエサウに真似て変装させます。言わば「エサウ風コスプレ」です。そして、母リベカの料理した仔山羊の料理を持たせ父イサクのところに運ばせます。ほとんど視力を失っていたイサクは長子のエサウだと勘違いし、喜んでヤコブに長子の祝福を与えます。

Are you really my son Esau?<br />おまえは本当にエサウか?

Are you really my son Esau?
おまえは本当にエサウか?

リベカは、家にしまっておいた上の息子エサウの晴れ着を取り出して、下の息子ヤコブに着せ、子山羊の毛皮を彼の腕や滑らかな首に巻きつけて、自分が作ったおいしい料理とパンを息子ヤコブに渡した。
ヤコブは、父のもとへ行き、「わたしのお父さん」と呼びかけた。父が、「ここにいる。わたしの子よ。誰だ、お前は」と尋ねると、ヤコブは言った。「長男のエサウです。お父さんの言われたとおりにしてきました。さあ、どうぞ起きて、座ってわたしの獲物を召し上がり、お父さん自身の祝福をわたしに与えてください。」「わたしの子よ、どうしてまた、こんなに早くしとめられたのか」と、イサクが息子に尋ねると、ヤコブは答えた。「あなたの神、主がわたしのために計らってくださったからです。」

旧約聖書/創世記27章15節~20節
©日本聖書協会/旧約聖書 新共同訳

何も知らずに狩りから戻ったエサウは、肉料理を父イサクのところへ持っていきます。しかし、祝福を奪われたことを知ったエサウは、歯ぎしりし、号泣します。

Bless me. me also O my father!<br />わたしにも祝福してください

Bless me. me also O my father!
わたしにも祝福してください

イサクはエサウに答えた。「既にわたしは、彼をお前の主人とし、親族をすべて彼の僕とし、穀物もぶどう酒も彼のものにしてしまった。わたしの子よ。今となっては、お前のために何をしてやれようか。」エサウは父に叫んだ。「わたしのお父さん。祝福はたった一つしかないのですか。わたしも、このわたしも祝福してください、わたしのお父さん。」エサウは声をあげて泣いた。

旧約聖書/創世記27章37節~38節
©日本聖書協会/旧約聖書 新共同訳

怒ったエサウは、復讐を心に誓います。父が死んだらヤコブを殺そうと心に決めたのです。

Esau hated Jacob for what he had done.<br />エサウは祝福を弟に奪われ、ヤコブを恨むようになった

Esau hated Jacob for what he had done.
エサウは祝福を弟に奪われ、ヤコブを恨むようになった

エサウは、父がヤコブを祝福したことを根に持って、ヤコブを憎むようになった。そして、心の中で言った。「父の喪の日も遠くない。そのときがきたら、必ず弟のヤコブを殺してやる。」

旧約聖書/創世記27章41節
©日本聖書協会/旧約聖書 新共同訳

身の危険から、ヤコブはリベカの兄ラバンのいるハランの地(ナホルの町)へ逃げることになります。長子の権利(相続争い)の末、兄弟が離反することになります。

Jacob had to run away because of Esau	's anger<br />エソウが激怒しているため、リベカはヤコブを非難させた

Jacob had to run away because of Esau 's anger
エソウが激怒しているため、リベカはヤコブを非難させた

ところが、上の息子エサウのこの言葉が母リベカの耳に入った。彼女は人をやって、下の息子のヤコブを呼び寄せて言った。「大変です。エサウ兄さんがお前を殺して恨みを晴らそうとしています。わたしの子よ。今、わたしの言うことをよく聞き、急いでハランに、わたしの兄ラバンの所へ逃げて行きなさい。そして、お兄さんの怒りが治まるまで、しばらく伯父さんの所に置いてもらいなさい。そのうちに、お兄さんの憤りも治まり、お前のしたことを忘れてくれるだろうから、そのときには人をやってお前を呼び戻します。一日のうちにお前たち二人を失うことなど、どうしてできましょう。」

旧約聖書/創世記27章42節~45節
©日本聖書協会/旧約聖書 新共同訳

Jacob continued on his journey to the East<br />ヤコブは東へ向かって一人旅に出て行きました

Jacob continued on his journey to the East
ヤコブは東へ向かって一人旅に出て行きました



〔参考・引用〕
日本聖書教会「旧約聖書(新共同訳/口語訳)」/新日本聖書刊行会「新改訳聖書第三版」/創元社「聖書人物記」/日本文芸社「人物でよくわかる聖書(森実与子著)」/株式会社カンゼン「聖書の人々」/wikipedia/webio「世界宗教用語大事典」/Garden of Praise.com