バルトロマイ ナタナエル/フィリポの友人 イエスの12弟子・12使徒

 トップページ新約の時代 → イエスの12弟子・12使徒 → バルトロマイ
 
 

バルトロマイ (ナタナエル/フィリポの友人)

バルトロマイ(別名:ナタナエル)

バルトロマイの別名は、ナタナエル。友人であるフィリポの紹介で、イエスと出会います。

最初にイエスに会ったとき、「あなたは、真のイスラエル人。この人には偽りがない」とイエスに褒められ、感激して12弟子の仲間入りをします。

イエスの昇天後は、フィリポと共に広く宣教活動を行いますが、アルメニアで、捕らえられて、殉教します。

De apostel Bartholomeüs - Peter Paul Rubens<br />使徒バルトロマイ - ピーテル・パウル・ルーベンス

De apostel Bartholomeüs - Peter Paul Rubens
使徒バルトロマイ - ピーテル・パウル・ルーベンス


フィリポの導きでイエスに弟子入り

フィリポは、ナタナエルよりも先にイエスと出会います。イエスに出会った喜びを、友人のナタナエルに話します。しかし、ナタナエルは、ナザレの片田舎のようなところに、聖書に預言されている立派な人物が現れるのだろうかと半信半疑です。

そこで、フィリポはナタナエルをイエスのもとに連れていきます。するとイエスは、ナタナエルを一目見て、日頃から律法を熱心に学んできたことを見抜きます。そしてイエスは「あなたは、真のイスラエル人。あなたには、偽りがない。」と賞賛します。さらにフィリポと出会う前にイチジクの木の下にいたことを言い当てられます。

ナタナエルは、感激のあまり「あなたは神の子。イスラエルの王です」と言って、イエスに従うようになりました。

フィリポはナタナエルに出会って言った。「わたしたちは、モーセが律法に記し、預言者たちも書いている方に出会った。それはナザレの人で、ヨセフの子イエスだ。」するとナタナエルが、「ナザレから何か良いものが出るだろうか」と言ったので、フィリポは、「来て、見なさい」と言った。
イエスは、ナタナエルが御自分の方へ来るのを見て、彼のことをこう言われた。「見なさい。まことのイスラエル人だ。この人には偽りがない。」
ナタナエルが、「どうしてわたしを知っておられるのですか」と言うと、イエスは答えて、「わたしは、あなたがフィリポから話しかけられる前に、いちじくの木の下にいるのを見た」と言われた。ナタナエルは答えた。「ラビ(先生)、あなたは神の子です。あなたはイスラエルの王です。」

新約聖書/ヨハネによる福音書1章45節~49節
©日本聖書協会/新約聖書 新共同訳


残酷な仕打ちで殉教

イエスの昇天後、バルトロマイは、フィリポとともにアジアや東方のインドで布教活動を行ないます。フリギア(=現在のトルコ領)で宣教中に、町の支配者の怒りを買い、磔刑を言い渡されます。

そして、刑の執行中に突然地震が起こります。二人が町の人々の無事を神に祈り始めると、町の人たちは感動し、バルトロマイは釈放されます(※)

※フィリポは釈放を拒み、そのまま磔刑にされ、殉教します。

その後、バルトロマイはアルメニアで宣教活動を行いますが、そこで捕らえられてしまいます。生きたまま生皮を剥ぎ取られて、斬首されるという残酷な仕打ちであって殉教したことが伝えられています。


中央付近の剥がされた生皮を持つのがバルトロマイ<br />ミケランジェロ「最後の審判」1537-1541<br />システィーナ礼拝堂 バチカン市国

中央付近の剥がされた生皮を持つのがバルトロマイ
ミケランジェロ「最後の審判」1537-1541
システィーナ礼拝堂 バチカン市国