サタンとは

サタンとは

神に最も愛されていた天使長

天使は、天地創造の早い段階で創造され、神からとても愛されていました。特に、天使長であったルーシェル(ルシフェル)は、神に最も近い存在で、最も愛され、明けの明星のように輝ける存在でした。 天使は、神とともに大変な苦労をしながら天地創造を行なってきました。


神は人間を最も愛するようになった

天地創造の最終段階で、神の子として人間が創造されました。 神は、我が子である人間をこよなく愛しました。 神は、天地創造の被造物をすべてを惜しみなく人間に与え、それを人間に支配せよと命じます。 一方、天使はあくまでも、神に仕える立場です。そのため、神の子である人間にも仕える立場になりました。 もちろん、神の天使への愛は、変わりません。神は天使よりも、我が子として創造した人間をより愛するようになったのです。


天使長の嫉妬と反逆

この状況に天使長ルーシェルは不満を抱きます。これまで、神に最も愛されていたのは、天使(特に天使長である自分)であったのに、人間が創造されてからは、神は天使よりも後に創造された人間をより愛するようになったからです。さらには、天使は人間の僕(しもべ)となり、見かけ上、降格されたような立場になったからです。

なぜ、天地創造の労苦を共にした自分たちを差し置いて、後から創造された人間を愛するのか。神は、天地創造で働かせるためだけに天使を創造し、実は愛してなどいなかったのではないか。天使長は人間に嫉妬し、神に対して、不信感を抱きます。

天使長には、怒りや妬み、憎みなどの感情が生まれ、神や人間を恨むようになります。そして、天使長ルーシェルは神や人間に仕えるという立場を忘れて、神への反逆(クーデター)を企てます。


神に代わる支配者

天使長は、人間より上に立つもの、つまり、人間の主管権(所有権)を得ようと企てます。そして、天使長ルーシェルは、神の最も愛するアダムとエバをそそのかし、堕落させることに成功。神を追放し、神に代わって、この世の「(偽りの)支配者」、「この世の(偽りの)君」、「(偽りの)父」となりました。そして、天使長は「サタン」と呼ばれるようになりました。


サタンとは、この世の偽りの支配者

このように、サタンとは、神に代わって、この世を支配している(悪の)天使のことです。この世の「偽りの支配者」、「偽りの父」です。そのため、神と対極の存在とされています。サタンの最高位にいるのが、神の天地創造に携わり、神と労苦をともにした天使長ルーシェルです。神が人間をあまりに愛したため、それに嫉妬してしまったのです。嫉妬は、怒りや恨みに変わり、神に反逆してしまったのです。