ローマ帝国の分裂 西ローマ帝国の滅亡 キリスト教会の繁栄

 トップページ新約の時代 → キリスト教史 → キリスト教会の繁栄
こちらの記事は「前の記事からの続き」です
 

キリスト教会の繁栄

キリスト教の公認・国教化

西暦313年、ローマ皇帝コンスタンティヌス一世はローマ皇帝として、初めてキリスト教を公認しました。

コンスタンティヌス一世は、首都をビザンティウムに移し、都の名を自らの名前からとって「コンスタンティノープル」に改名しました。そして、ローマの中心はコンスタンティノープルになりました。

※コンスタンティノープルは、今のトルコの最大都市イスタンブール。ただし、今のトルコの首都はアンカラです。

キリスト教の公認により、約300年間続いた迫害の時を耐え、カタコンベ(※)で信仰を守ってきたキリスト教徒がついに表舞台に躍り出ることになりました。コンスタンティヌス一世のもと、各地に教会が作られ、キリスト教徒の数が次第に増えていきました。

さらに西暦392年には、ローマ皇帝テオドシウス一世がキリスト教をローマ帝国の国教に制定。キリスト教は、一気に勢力を拡大させ、信者がさらに増えていきました。


ローマ帝国の分裂

西暦395年、テオドシウス一世が亡くなると、彼のあとを2人の息子が継ぐことになりました。18才の長男アルカディウスに帝国の東半分(東ローマ帝国)、11才の次男ホノリウスに帝国の西半分(西ローマ帝国)を継がせ、2人はそれぞれ皇帝となりました。

しかし、2人の皇帝はまだ子供で政治に無関心。東西それぞれの国の実権は軍や役人が握ることになりました。当初は東西の「分割統治」でしたが、後にローマ帝国は東西に「恒久的に分裂」してしまいました。

ローマ帝国の分裂

ローマ帝国の分裂

※東ローマ帝国は「ビザンツ帝国」と呼ばれることもあります。

ローマ帝国の分割に伴い、キリスト教も東西に分割され、それぞれ独自の道を歩み始めました。東ローマ帝国(コンスタンティノープル)の「東方正教会」、西ローマ帝国の「ローマカトリック教会」です。当時、五本山と呼ばれる5つの教会(5大教区)(※)に分かれていましたが、「東方正教会」と「ローマカトリック教会」は、皇帝の膝元にあっため、他の3本山の教会よりも優位な立場にありました。

※ローマ、コンスタンティノープル、アレクサンドリア、アンティオキア、エルサレムの五大教区

そして、「東方正教会」と「ローマカトリック教会」の2つの教会はお互いに正当性を主張し、教義などを巡って対立するようになっていきました。


西ローマ帝国の滅亡

コンスタンティノプールを総本山とする東方正教会は東ローマ帝国の庇護(ひご)もと、大いに繁栄します。

一方、西ローマ帝国は、現在のドイツ北部、デンマークのあたりに住んでいたゲルマン民族の度重なる攻撃に耐え切れないほど、弱体化しており、首都はローマからミラノ、のちにラヴェンナという場所に次々と移されました。そして、476年、ゲルマン系の傭兵隊長であるオドアケル率いる反乱軍(クー・デター)により滅亡しました。

しかし、国が亡くなってもキリスト教は衰えず、ローマのカトリックの教皇は、絶大な力を維持し続けていました。つまり、西ローマ帝国がなくなってもキリスト教会は全く衰えなかったのです。「国破れてキリスト教在り」と杜甫の詩文を捩りたくなるような歴史の一場面です。

※その後も、ローマカトリック教会と東方正教会は対立を続けます。そして、1054年、ローマ教皇と東方正教会の総主教が互いに破門しあい2つの教会は完全に決別してしまいました。



〔参考・引用〕
テレビ東京「137億年の物語-キリスト教徒の暴走」/wikipedia-テオドシウス1世、アルカディウス、ホノリウス