聖書と歴史の学習館

アラビアのロレンスイギリスの謀略戦

トーマス・エドワード・ロレンス

アラビアのロレンス(トーマス・エドワード・ロレンス)は、イギリスの軍人・情報将校。第一次世界大戦中、オスマン帝国の圧政に苦しむアラブ人の独立のための反乱軍を支援し、内部からオスマン帝国を崩壊させ、連合国側の戦況を有利にした。ロレンスは自由を求めるアラブ人の純粋さに心を打たれ、アラブ独立を強く望むようになった。しかし、イギリスの便宜的かつ矛盾した外交により、アラブ独立は困難となり、戦後の国際秩序を決める「パリ講和会議」で、ロレンスはアラブの独立国家樹立を訴えたものの夢は実現しなかった。

01/05

イギリスの思惑

20世紀初頭、イギリスは、世界各地に植民地を持ち、世界の覇権国家としての地位を占めていました。

第一次世界大戦半ば、ドイツ軍と連合軍とが対峙したフランス北東部からドイツ西部国境沿いの西部戦線は膠着し、両軍とも打開することはできなかった。

イギリスは密かに新たな戦術に活路を求めます。1916年、イギリスは敵国ドイツの同盟国であるオスマン帝国を狙って破壊工作を仕掛けました。オスマン帝国はドイツとの軍事同盟のもと、第一次世界大戦に参戦していました。当時、オスマン帝国の人口は1800万人。トルコ人、アラブ人が7割を占め、クルド人、ユダヤ人など少数民族も暮らす多民族国家を形成していました。その中で、イギリスは、オスマン帝国の支配に不満を抱き、自由を求めるアラブ人に目をつけました。イギリスはアラブ人の独立運動の動きを焚き付け、内部からオスマン帝国を倒そうと企てます。アラブ人に反乱を起こさせ、イギリスにとって戦争を有利に進めることが目的でした。さらなる狙いは、オスマン帝国内から次々と見つかる大規模な油田でした。

イギリスはアラブの有力者と密かに接触しました。預言者ムハンマドの血を引くといわれているフサイン、その御曹司であるファイサル。イギリスは、思惑が一致する彼らに協力を求めます。そして、パレスチナを奪った際には、アラブ人の国家建設(独立)に協力すると約束しました(フサイン・マクマホン協定|1915年10月)。そして、アラブの反乱(独立闘争)のために、イギリスの工作員としてアラブ人の元へ送り込まれたのが、若い情報将校であるトーマス・エドワード・ロレンスです。

※有名な映画が「アラビアのロレンス」は、アラブ国家独立のためにアラブ人とともに戦ったイギリス軍の情報将校 ロレンスを描いた歴史映画です。


02/05

アラブ人を束ねたロレンス

ロレンスの任務は、アラブ人を支援してオスマン帝国を攻撃し、イギリスを優位に立たせることでした。ロレンスは、フサインの御曹司であるファイサルに武器と資金を提供し、オスマン帝国打倒を持ちかけました。イギリス人でありながらアラブへの理解が深く、言葉も自在にあやつるロレンスにファイサルは大きな信頼をおきました。アラブ独立の約束を信じたファイサルは反乱軍を組織します。こうして1916年6月、アラブの反乱が始まりました。

しかし、アラブ軍は統率力に欠けていました。当時、アラブでは、いくつかの部族が共存して暮らしており、国という概念がなかったのです。そこでロレンスは、アラブの人々を束ねるために自ら軍の前線に立ち、彼らを勝利へと導きます。そして、アラブ人は、次第にロレンスを信用するようになりました。ロレンスも、彼らの自由を求める純粋さに心を打たれます。

ロレンスはアラブ服を身にまとい、アラブ式の生活に徹しました。やがてロレンスは、祖国イギリスの勝利よりも、アラブの人々に自由をもたらすことを望むようになっていきました。


03/05

イギリスの裏切り

ロレンスは、アラブ人の自由を勝ち取るために、尽力しました。アラブ反乱軍は巧みなゲリラ戦法でオスマン軍に打撃を与えます。1917年には、オスマン帝国最大の補給港となっていたアカバを攻め落とすことに成功。アラブ軍は一気に優位に立ちます。

しかしこの後、祖国イギリスの予想外のふるまいに、ロレンスは衝撃を受けることになります。イギリスが、アラブの人々を裏切るような外交を展開していたのです。

イギリスはアラブ建国を約束する裏で、フランスと密約を交わし、戦後オスマン帝国の領土を分け合うことを企てていました(サイクス・ピコ協定|1916年5月)。戦後は、イギリス・フランス・ロシアで、オスマン帝国の領土を分断し、それぞれが支配することを定めたものでした。もちろんその交渉はアラブ人にはいっさい秘密にされていました。しかも、イギリスは、あろうことかユダヤ人にもこの地に国をつくることを約束していました(バルフォア宣言|1917年11月)。ロスチャイルドなどユダヤの資本家を味方につけるためでした。

アラブと祖国イギリスの狭間で、ロレンスの心は激しく葛藤します。ロレンスはイギリスの真の目的を隠しながら、アラブを助けていたのです。

イギリスが乱発した欺瞞に満ちた約束は、21世紀の今に至る憎悪の連鎖の出発点となったのです。


04/05

アラブ民族の独立宣言

1918年10月、アラブ軍とイギリス軍が共同で、オスマン帝国最大の軍事拠点地だったダマスカスを攻撃することになります。このときロレンスが率いたアラブ軍は、イギリスから、ある約束を取りつけます。アラブ軍がイギリス軍よりも先にダマスカスに入ることができれば、アラブによるダマスカスの支配権を認めるというものでした。

アラブ反乱軍はオスマン軍を倒し、最大の軍事拠点ダマスカスもついに陥落。イギリス軍よりも早くダマスカスに入場することに成功し、アラブ臨時政府を置きました。

反乱軍を指揮しファイサルが凱旋。ダマスカスの興奮は最高潮に達しました。イギリスのロレンスも伴っていました。ファイサルはアラブ民族の独立を宣言します。アラブ人が長年夢見てきた自由がついに実現したように見えました。


05/05

アラブの独立は幻に終わった

ファイサルによりアラブ民族の独立を宣言されたものの、協力の見返りに独立を約束していたイギリスのアレンビー将軍はファイサルにその約束を果たせないことをはじめて直に伝えました。その通訳をしたのはロレンスででした。ファイサルが帰ったあと、心がすっかり萎えたロレンスはアレンビー将軍に引退申し出ました。そして失意の中、祖国イギリスへ帰国します。

大戦が終わると、アラブへの攻撃がはじまりました。大戦中は同じ陣営にいたフランスが、サイクス・ピコ協定のもと、領土獲得のため容赦ない空爆を仕掛けてきたのです。さらに、アラブ人には第2の裏切りが待っていました。当時、パレスチナの住民の9割は、アラブ人でした。しかし、大戦中にイギリスはバルフォア宣言で、ユダヤ人の国をつくることを約束していました。世界中に離散しているユダヤ人がパレスチナを目指しました。そして、アラブ人が一度は独立を夢みた土地にユダヤ人が根をおろし、1948年5月には、ユダヤ人の独立国家イスラエルが建国されました。

1918年11月、第一次世界大戦は休戦が成立します。戦後の国際秩序を決める「パリ講和会議」に、ロレンスはアラブ代表として出席し、アラブ独立国家の樹立を訴えました。

しかし、1年後に決定した中東の地図に、アラブの独立国家はありませんでした。現在のシリア・レバノンはフランスが、イラク・ヨルダン・パレスティナはイギリスが支配化におく、委任統治領となっていました。

結局、ファイサルは連合国から利用された末に見捨てられ、アラブの独立は幻に終わりました。そしてアラブ人にとって、ロレンスは裏切りの英雄となってしまったのです。

〔出典・参考〕
NHK高校講座「世界史」/NHK「新・映像の世紀」/wikipedia