復活論

原理講論における生死の概念

聖書における生死に関する聖句を、一般的な生死の概念で解釈しようとしても、無理が生じる。聖書固有の生死の概念があるからである。原理講論では、聖書の生死の概念をより本質的に解明している。

聖書と歴史の学習館トップへ 復活論

生と死の原理的解釈

原理講論では、人間は肉体と霊人体からなっており、肉身の寿命が切れたとき、霊人体は肉身を脱ぎ、霊界で永住するという基本原理が貫かれている。青虫が蛹となり、殻を脱いで蝶となるように、人間も地上において目的を果たした後、肉身を脱いで、霊界に旅立つように創造されている。

死の起源は、人間始祖の堕落、すなわち、サタンとなった天使長と関係を結んでしまったことであり、それすなわち、神の主管圏を離れ、サタンの主管圏に落ちたことを意味する。結局、生とは「神の主管圏内にあること」、死とは「サタンの主管圏内にあること」と定義される。

霊的死のイメージ図

 

わたしを信じる者は、たとい死んでも生きる。また、生きていて、わたしを信じる者は、いつまでも死なない。あなたはこれを信じるか。ヨハネによる福音書11章25-26節

この聖句の「たとい死んでも生きる」は、肉的に死んだ人間が、墓から起き上がり、生き返るという意味ではない。また、「いつまでも死なない」は、生きている人がイエスを信じれば、永遠に肉体が滅びないということではない。「神やイエスを信じるものは、寿命が切れて、肉的に死んだととしても、霊人体は、神の主管圏内にあるので『霊的に』生きる(霊人体は生きる)。また、肉的に生きていて、信じる者はいつまでも『霊的に』生き続ける(霊人体が永遠に生きる)。」という意味である。

霊的生のイメージ図

 

自分の命を救おうとするものは、それを失い、それを失うものは、保つのである。ルカによる福音書17章33節

この聖句は「生きんとするものは死に、死なんとするものは生きる」として広く知られている。

紀元後まもなく初代キリスト教はローマ帝国を中心に広まった。しかし、帝国から激しい迫害を受け続け、神やイエスを否定しない多くのクリスチャンたちは殺害された。命を省みず、ひたすら神を信じるものは、たとえ肉的に死んだとしても、霊的には永遠に生きるというイエスの言葉を信じ、彼らは処刑の道を選択したことが推察される。

復活とは

よくよくあなたがたに言っておく。わたしの言葉を聞いて、わたしをつかわされたかたを信じる者は、永遠の命を受け、またさばかれることがなく、死から命に移っているのである。よくよくあなたがたに言っておく。死んだ人たちが、神の子の声を聞く時が来る。今すでにきている。そして聞く人は生きるであろう。 新約聖書「ヨハネによる福音書」5章24-25節 アダムにあってすべての人が死んでいるのと同じように、キリストにあってすべての人が生かされるのである。新約聖書「コリント人への第一の手紙」15章 22節

上記の聖句の「生」と「死」は、すべて「霊的な」生死を意味している。

新約聖書には「死人が蘇る」と読み取れる多くの聖句が見られる。これは肉的に死んだ人が、肉的に生き返るのではなく、霊的に死んでいる人(堕落している人)が霊的に生き返る(復活する)という意味になる。そもそも、寿命が切れて、土に還り、分解されてしまった人間が再び原状どおりに復活することは、科学的な視点からも不可能である。死の概念を肉的死のみで捉えて、聖書を文字通り解釈しようとすれば本質を見失う可能性がある。

原理講論によると「復活」とは「人間が堕落によってもたらされた死、すなわちサタンの主管圏内に落ちた立場から、復帰摂理によって神の直接主管圏内に復帰されていく、その過程的な現象」定義されている。言い換えれば「堕落人間が創造本然の姿に復帰する過程的な現象」であり、「死から命に移っていく」現象である。人類歴史は、創造本然の人間の姿、本然の社会、本然の世界に戻ろうとする「復帰の歴史」といえる。

復活とは、堕落人間が創造本然の姿に復帰する過程的な現象のこと

〔参考文献〕
日本聖書教会「新約聖書(新共同訳/口語訳)」/新日本聖書刊行会「新改訳聖書第三版」/世界平和統一家庭連合「原理講論」/倉原克直氏「聖書の世界」