タダイ ユダ・タダイ/小ヤコブの兄弟または子 イエスの12弟子・12使徒

 トップページ新約の時代 → イエスの12弟子・12使徒 → タダイ
 
 

タダイ (ユダ・タダイ/小ヤコブの兄弟または子)

タダイ(別名:聖ユダ/ユダ・タダイ)

ユダ・タダイとしても知られており、聖ユダとも呼ばれています。新約聖書の「ユダの手紙」の著者とされています。

「Saint Jude Thaddaeus」 Jusepe de Ribera(1630~1635年製作)<br />プラド美術館(Madrid, スペイン)

「Saint Jude Thaddaeus」 Jusepe de Ribera(1630~1635年製作)
プラド美術館(Madrid, スペイン)

ユダ・タダイは、その名から、イスカリオテのユダ(裏切りのユダ)と間違えられるため、ローマ・カトリックでは、タダイ(聖ユダ)のための祈りを避けられていました。そのため、「忘れられた聖人」と呼ばれることもあります。

タダイ(聖ユダ)は、アルメニアで宣教活動をし、キリスト教の布教に貢献しましたが、最後は、斧によって殺害され、殉教したと伝えられています。遺体はローマに運ばれ、現在のサンピエトロ大聖堂が建っているあたりに埋められたと言われています。

〔補足〕教会史家のエウセビオスは、タダイは、イエスが最初の奇蹟(=水をぶどう酒に変える)を行ったカナの婚礼の新郎だったと伝えています。



〔参考・引用〕
創元社「聖書人物記」/日本文芸社「人物でよくわかる聖書(森実与子著)」/株式会社カンゼン「聖書の人々」/wikipedia/webio「世界宗教用語大事典」