トマス ユダ・トマス・ディディモ イエスの12弟子・12使徒

 トップページ新約の時代 → イエスの12弟子・12使徒 → トマス
 
 

トマス (ユダ・トマス・ディディモ)

トマス

トマスは、現実主義者で疑い深い弟子「疑心トマス」として知られています。それは、イエスの復活の話を聞いたとき信じなかったからです。トマスの前にイエスが現れ、脇腹の傷跡に手を触れて、始めてイエスの復活を実感します。

イエスの昇天後は、インドやパルティア(ペルシャ)など、東方に渡って宣教活動に励み、最後は南インドで殉教したと伝えられています。

トマス

トマス

※トマスの別名は、ユダ・トマス・ディディモ。「ディディモ」とは、アラム語で「双子」という意味です。


イエスの復活を疑ったトマス

イエスは処刑され、その3日後(3日目)に復活し、弟子たちの前に現れます。しかし、トマスだけは復活したイエスに会っていませんでした。

他の弟子たちにイエスの復活の話を聞いたトマスは「復活したイエスに会って、処刑されたときの傷口をこの目で見て、傷口に手で触れて確かめるまでは復活を信じない」と疑い深い性格をあらわにします。

そこに、こつ然とイエスが現れます。イエスは「信じない者ではなく、信じる者になりなさい」と言って、トマスに傷跡を触らせます。トマスは傷口に触れて、指を入れて、はじめてイエスの復活を実感します。そして「わたしの主、わたしの神よ」と叫びました。

さらに、イエスは「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである」とトマスを諭します。このエピソードがあったため、「疑い深いトマス(疑心のトマス)」と呼ばれるようになりました。

The Maesta Altarpiece-The Incredulity of St.Thomas/Duccio<br />疑心のトマス/ドゥッチョ 1308

The Maesta Altarpiece-The Incredulity of St.Thomas/Duccio
疑心のトマス/ドゥッチョ 1308

十二人の一人でディディモと呼ばれるトマスは、イエスが来られたとき、彼らと一緒にいなかった。そこで、ほかの弟子たちが、「わたしたちは主を見た」と言うと、トマスは言った。「あの方の手に釘の跡を見、この指を釘跡に入れてみなければ、また、この手をそのわき腹に入れてみなければ、わたしは決して信じない。」
さて八日の後、弟子たちはまた家の中におり、トマスも一緒にいた。戸にはみな鍵がかけてあったのに、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。
それから、トマスに言われた。「あなたの指をここに当てて、わたしの手を見なさい。また、あなたの手を伸ばし、わたしのわき腹に入れなさい。信じない者ではなく、信じる者になりなさい。」トマスは答えて、「わたしの主、わたしの神よ」と言った。イエスはトマスに言われた。「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである。」

新約聖書/ヨハネによる福音書20章24節~29節
©日本聖書協会/新約聖書 新共同訳


マリアの昇天を見たトマス

イエスの母マリアが亡くなったとき、トマスはインドで布教中だったため、臨終に立ち会うことができませんでした。トマスが戻ったのは、マリアの埋葬が終わってしばらくしてからです。

トマスがマリアのお墓に導かれると、マリアが昇天していきました。そのとき、マリアは腰帯を落とし、トマスがそれを受け取ります。

今度は逆に他の弟子たちが、トマスの話を信じませんでした。弟子たちは、マリアの墓が空であることを確認し、腰帯を見せられて、トマスの話を信じたと伝えられています。


東方へ布教活動。南インドで殉教

「疑心のトマス」と不名誉な呼ばれ方をしていますが、使徒としての活動は熱心に行っていました。インドやパルティアなど、東方に渡って宣教活動に励みます。53年頃に南インドのマイラプールで、異教の祭司長により剣で刺されて殉教したと伝えられています。現在もインドのキリスト教徒は、自らを「聖トマスのキリスト信者」と呼ぶことが多く、トマスを教会の創始者として崇敬しています。

※トマスはマドラス(現在のチェンナイ)近くの教会に葬られたと伝えられています。またトマスがイエスの傷口に触れた指だけは、ローマにあるサン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂に保存されています。



〔参考・引用〕
日本聖書教会「新約聖書(新共同訳/口語訳)」/新日本聖書刊行会「新改訳聖書第三版」/創元社「聖書人物記」/日本文芸社「人物でよくわかる聖書(森実与子著)」/株式会社カンゼン「聖書の人々」/wikipedia/webio「世界宗教用語大事典」/ヤコブス・デ・ウォラギネ「黄金伝説」/日本聖公会の補足資料