性善説と性悪説

性善説と性悪説

こちらは前の記事からの続きです。


ひとつ前の記事の要点

人間は、誰もが幸福を願っています。そして、私たちは幸福になるために行動します。人生の目的は幸福になることといえるでしょう。幸福を引き起こすトリガーは、正しい欲望(義なる欲望)です。そして、そこから善い結果がもたらされ、喜びと幸福につながります。

しかし、人間には幸福と正反対の「不幸(悪の結果)」も存在しています。哲学的な視点で見れば、同じ一つの個体が相反する目的を持って存在することはできません。人間は破滅したような状態に陥っているのです。これを「人間の矛盾」と表現したり、あるいは、宗教的な観点から「人間の堕落」と表現されます。


性悪説と性善説

人間は幸福(善)を願っているのに、なぜ不幸(悪)が存在しているのでしょうか。善と悪については、歴史上、2つの対立する主張がなされてきました。

一つは「性悪説」です。簡単にいえば「人間は神様ではないのだから、悪や不幸があって当然。悪や不幸があるからこそ人間なんだ。」ということです。すなわち、人間はもともと悪を持っている、人間の本であるという考え方です。

もう一つは「性善説」です。簡単にいえば「人間の本性は善であり、悪は、どこかで何かが狂った結果、後から人間に入り込んできた。だから、不幸や悪を消滅させようと努力するのだ。」という考え方です。すなわち、人間の本であるという考え方です。

換言すれば、悪は先天的に人間に備わっているという考え方が「性悪説」、悪は後天的に生じたものであるという考え方が「性善説」です。


性善説が正しいと考えられる根拠

世の中の現実を見れば、性善説と性悪説について、どちらも正しいような気がします。しかし、「性悪説」と「性善説」は対立する考え方で、同時に成立することはできません。ここでは「性善説」を肯定すべく、その根拠を身近な例から挙げてみます。

  • 私たちは、喜びや幸福、善が近づいてくるときには、大歓迎します。しかし、少しでも、苦しみや不幸、悪が近づいてきそうになったら、逃げたり、拒絶したりします。人間は本来、喜びや幸福、善には調和し、苦しみや不幸、悪には相いれないということがわかります。
  • テレビドラマなどで、悪がどんどん栄えていく場面を見ると、胸が痛みます。しかし、善が勢力を伸ばすときには、痛快な思いで楽しく見ることができます。
  • もし、性悪説が正しいのであれば、この世の不幸や悪を当然と考えるはずです。しかし、人間は悪や不幸を嫌い、避けようとします。人間は悪なる世界、不幸な世界ではなく、善なる社会、平和な世界を追求し続けています。
  • そもそも「悪を善くないこと」と感じたり、「世の中が矛盾している」と感じること自体、本来の状態からズレているということを認めていることになります。人間は無意識で「善」を基準として考えているのです。

以上の例を見ても、人間の本性は善(性善)であり、悪はいわば「招かざる侵入者」のように思えます。

こちらは次の記事へ続きます。


〔参考・引用〕
世界平和統一家庭連合「原理講論」/倉原克直氏「総序」