神の存在 宗教人口

神道(しんとう)
神道は、山や川、森、岩、動物、気象現象など、自然現象を含めた万物に宿る「八百万の神々(やおよろずのかみがみ)」を崇拝する日本人の暮らしの中から生まれた民族的・伝統的な宗教です。そのため、神道は他の宗教と違い、教祖や明確な教義、経典、戒律などもありませんが、奈良時代にできた「古事記」「日本書紀」には、多くの神々の系譜や物語が収められており、神道と関係が深いと言われています。神道の行事には、初詣や厄除、初宮参りや七五三、神前結婚式や地鎮祭(じちんさい)などがあり、日本人の暮らしにとけ込んでいます。

神の存在について

神は、目に見えないので信じられない。神は信じるけど、宗教には入らない。信仰は持たない。このような方が多いと思います。日本では、宗教に対して、心の弱い人、経済的に貧しい人が神にすがっているだけという宗教観をお持ちの方が少なくないようです。

また、宗教の信者が白眼視されてしまう傾向もあるようです。新興宗教やイスラーム教の一部の過激な行動等が報道されることもあるため、無理もないことかも知れません。

一方、海外に目を向ければ、世界人口の84%(※)が信仰する宗教を持っています。世界的に見れば、宗教を信仰することは、ごく普通のことのようです。

祈りを捧げるキリスト教徒

祈りを捧げるキリスト教徒

※1:ピュー・リサーチ・センター「世界宗教動向に関する調査」- 2012年12月18日/世界の宗教の信仰者数=約58億人


日本人にとっての神

米国のシンクタンク(ピュー・リサーチ・センター)の調査によると、日本で宗教を信仰している人は43%(=約7,200万人)。日本は無宗教者の人数が中国に次いで、多くなっています。

これは、日本では、神道の行事を日常生活に取り入れているため、特に宗教を信仰しているという自覚を持っている人が少ないことが理由の一つとして考えられます。

例えば、赤ちゃんが誕生したときや、七五三にはお宮参りをし、お祝います。お正月には、初詣をして、健康や長寿、安全、繁栄などを神にお祈りします。

また、私たち日本人の家や会社の事務所には、神をまつるための神棚(※)があります。そして、お米やお水、お塩、お神酒、お花や榊(さかき)、柊(ひいらぎ)、笹など葉、果物、お菓子やなどをお供えします。

※神棚は主に神道の神をまつるための棚です。家庭や会社の「小さな神社」です。

このように、日本人は神に頭を下げ、お供えものをし、お祈りしたり、お祭りをしたりする習慣・文化があります。

伊陸天神祭(山口県柳井市)の写真

伊陸天神祭(山口県柳井市)

神棚の供え物の写真

神棚の供え物

しかし、もし神が存在しないのであれば、存在しないものに頭を下げ、存在しないもののためにお供え物をし、存在しないもののためにお祭りをする…。このような行為は、とても馬鹿げたことではないでしょうか。

このような習慣・文化を見ると、日本人は、人間の感覚では感ずることのできない超自然的な存在を心のどこかで認識しているのではないかと思います。「神が存在しない」と考えるよりも、「神は存在する」と考える方が、無理のない考え方なのではないでしょうか。


世界では8割以上の人が神を信じている

世界に目を向けると、さまざまな宗教が存在します。三大宗教と言われる「キリスト教」、「イスラーム教」、「仏教」をはじめ、「ヒンドゥー教」、「ユダヤ教」などがあり、世界人口の約84%(58億人)が宗教の信者(※2)です。

なお、キリスト教、ユダヤ教、イスラーム教では、同じ神(唯一神)を崇めています。これら3つの宗教の神は、日本の「八百万の神々」や「苦しい時の神頼み」の神とは異なります。

お祈りするヒンドゥー教徒(写真:wordpress.com)

お祈りするヒンドゥー教徒

お祈りするイスラム教徒(写真:cultureledger.com)

お祈りするイスラム教徒

キリスト教の礼拝(写真:awfumc.org)

キリスト教の礼拝

そして、人々は多額の費用をかけて、神殿や聖堂、教会、モスクなどを世界中に建設し、数千年間もの間、神を信じ、お祈りや断食などを続けてきました。もし、神がいないなら、このような行動は、とても馬鹿げたことではないでしょうか。

しかし、人間は、そこまで愚かではないと思います。人間は心の中で、五感を超えた何かの存在を感じているからこそ、神を尊び、祀り、お祈りをするのだと思います。

※2:ピュー・リサーチ・センター「世界宗教動向に関する調査」- 2012年12月18日。キリスト教(21億人)、イスラム教(16億人)、ヒンズー教(10億人)、仏教(5億人)など

※歴史を振り返れば、信仰を持っているがゆえに迫害されてきたユダヤ教徒やキリスト教徒が数多くいます。殺害された人たち(殉教者)も数多くいます。これは信仰を持たない人にとっては、とても愚かな人に見えることでしょう。しかし、命がけで信仰を守り続けた人たち、言い換えれば、信念を強く持つことができる人、心の強い人たちなのかも知れません。


〔参考・引用〕
YouTube「神様について」周藤健氏/ピュー・リサーチ・センター「世界宗教動向に関する調査」/中経出版「池上彰の世界の宗教が面白いほどわかる本」