特別預言者エリヤ

 トップページ旧約の時代 → 旧約の時代 → 特別預言者エリヤ
こちらの記事は「次の記事」に続きます
 

特別預言者エリヤ

バアル信仰が蔓延る北イスラエル

北イスラエル王国のアハブ王の時代(BC918年~897年)、アハブ王が隣国のフェニキアの王女イゼベルを王妃に迎えるとともに、異神バアル信仰がもたらされました。アハブ王はバアルの神殿をつくり、象牙細工で華麗な宮殿を造営するなど、権威をふるっていました。北イスラエルに、バアル信仰が広がり、イスラエル本来の神(ヤハウェ/唯一神)を凌駕するようになりました。

モーセが十戒を授かってからは、異神を崇拝することや偶像崇拝をすることは禁じられていました。イスラエル民族は自らの神に対し、背信行為をするようになってしまったのです。

これに真っ向から立ち向かったのが、特別預言者エリヤでした。エリヤは、聖書の記録を見ると、干ばつを起こしたり、死んだ子を生き返らせるなど、奇跡を起こす力を備えていました。


エリアの非難と避難

エリヤはこのような国の堕落を見過ごすことができず、バアル信仰を激しく非難しました。「私がお仕えしているイスラエルの神様は、確かに生きておられます。私が何かを言わない限り、ここ数年、一滴の雨も降らず、露も降りません。」と預言をしてエリヤは姿を消しました。

エリヤはアハブに言った。「わたしの仕えているイスラエルの神、主は生きておられる。わたしが告げるまで、数年の間、露も降りず、雨も降らないであろう。」

旧約聖書/列王記上17章1節(新共同訳)

その後、現実に雨が降らず、領地は干ばつに襲われました。これに怒ったアハブはエリヤを探して殺そうとしました。

エリヤはヨルダン川の東側の荒野に逃れ、川を見つけて水を飲み、毎日カラスに食べ物を運んでもらいました。

カラスに養われるエリヤ

カラスに養われるエリヤ

主の言葉がエリヤに臨んだ。「ここを去り、東に向かい、ヨルダンの東にあるケリトの川のほとりに身を隠せ。その川の水を飲むがよい。わたしは烏に命じて、そこであなたを養わせる。」エリヤは主が言われたように直ちに行動し、ヨルダンの東にあるケリトの川のほとりに行き、そこにとどまった。数羽の烏が彼に、朝、パンと肉を、また夕べにも、パンと肉を運んで来た。水はその川から飲んだ。

旧約聖書/列王記上17章2節~6節(新共同訳)


小麦粉と油の奇跡

やがて、干ばつがひどくなると、川は干上がってしまいました。神はエリヤに、シドンのサレプタに行くよう指示しました。

エリヤはサレプタで、今にも餓死しそうな女性に出会いました。信仰が厚いやもめの女性(※)でしたが、エリヤがパンを求めました。しかし、女性は、食糧は底をつき、手許にある小麦粉と油では、自分と息子のために最後のパンを作ることしかできないからと断わりました。

※やもめの女性=夫に先立たれた女性のこと。

すると、エリヤは、小麦粉も油も、いくら使っても尽きることはないだろうと告げました。このときから、壺は粉で、瓶は油で満たされて減ることはありませんでした。

しばらくたって、その川も涸れてしまった。雨がこの地方に降らなかったからである。
また主の言葉がエリヤに臨んだ。「立ってシドンのサレプタに行き、そこに住め。わたしは一人のやもめに命じて、そこであなたを養わせる。」彼は立ってサレプタに行った。町の入り口まで来ると、一人のやもめが薪を拾っていた。エリヤはやもめに声をかけ、「器に少々水を持って来て、わたしに飲ませてください」と言った。彼女が取りに行こうとすると、エリヤは声をかけ、「パンも一切れ、手に持って来てください」と言った。
彼女は答えた。「あなたの神、主は生きておられます。わたしには焼いたパンなどありません。ただ壺の中に一握りの小麦粉と、瓶の中にわずかな油があるだけです。わたしは二本の薪を拾って帰り、わたしとわたしの息子の食べ物を作るところです。わたしたちは、それを食べてしまえば、あとは死ぬのを待つばかりです。」
エリヤは言った。「恐れてはならない。帰って、あなたの言ったとおりにしなさい。だが、まずそれでわたしのために小さいパン菓子を作って、わたしに持って来なさい。その後あなたとあなたの息子のために作りなさい。なぜならイスラエルの神、主はこう言われる。主が地の面に雨を降らせる日まで、壺の粉は尽きることなく、瓶の油はなくならない。」
やもめは行って、エリヤの言葉どおりにした。こうして彼女もエリヤも、彼女の家の者も、幾日も食べ物に事欠かなかった。主がエリヤによって告げられた御言葉のとおり、壺の粉は尽きることなく、瓶の油もなくならなかった。

旧約聖書/列王記上17章7節~16節(新共同訳)


蘇生の奇跡

その後、女性の息子が病気で急死してしまいます。女性がエリヤを責めると、エリヤは「主よ、この子の命を元に返してください」と祈り、息子を生き返らせました。

エリヤが子供を蘇生させる

エリヤが子供を蘇生させる

その後、この家の女主人である彼女の息子が病気にかかった。病状は非常に重く、ついに息を引き取った。
彼女はエリヤに言った。「神の人よ、あなたはわたしにどんなかかわりがあるのでしょうか。あなたはわたしに罪を思い起こさせ、息子を死なせるために来られたのですか。」
エリヤは、「あなたの息子をよこしなさい」と言って、彼女のふところから息子を受け取り、自分のいる階上の部屋に抱いて行って寝台に寝かせた。彼は主に向かって祈った。「主よ、わが神よ、あなたは、わたしが身を寄せているこのやもめにさえ災いをもたらし、その息子の命をお取りになるのですか。」彼は子供の上に三度身を重ねてから、また主に向かって祈った。「主よ、わが神よ、この子の命を元に返してください。」
主は、エリヤの声に耳を傾け、その子の命を元にお返しになった。子供は生き返った。エリヤは、その子を連れて家の階上の部屋から降りて来て、母親に渡し、「見なさい。あなたの息子は生きている」と言った。女はエリヤに言った。「今わたしは分かりました。あなたはまことに神の人です。あなたの口にある主の言葉は真実です。」

旧約聖書/列王記上17章17節~24節(新共同訳)

このように、エリヤは奇跡を行う力を備えていました。奇跡を使ったエリヤの活躍の中での圧巻は、カルメル山でのバアル神との対決でしょう。


〔参考・引用〕
日本聖書教会「旧約聖書(新共同訳/口語訳)」/新日本聖書刊行会「新改訳聖書第三版」/Biblca/創元社「聖書人物記」/日本文芸社「人物でよくわかる聖書(森実与子著)」/株式会社カンゼン「聖書の人々」/wikipedia/webio「世界宗教用語大事典」